MENU

乳首の黒ずみの原因とは|黒ずみケア解消

乳首の黒ずみを生じさせている原因。

乳首の黒ずみで悩んでいる方は多くいます。乳首が黒ずんでいると着替えの時に気になったり、温泉などに行くのが億劫になってしまい、友達と遊びに行くのさえ気にして行けない場合があります。そんな乳首の黒ずみの原因は実はメラニンです。メラニンと言えば日焼けにより生じるとイメージしがちですが、それは少し違います。確かに日焼けでも生じます。しかし、メラニンとは肌が刺激を受けた際の防御反応として生じるのです。日焼けなどの外部刺激はもちろん、乾燥や衣類などの擦れによっても生じます。特に乳首は顔と違い、保湿ケアを怠りがちです。すると乾燥しがちになり、少しの刺激でも敏感になりがちです。その上、衣類によって蒸れたり、擦れたりします。蒸れは雑菌を繁殖させ、擦れは肌に傷をつけます。そうなると肌が刺激を感知して、刺激から守るためにメラニンを生成してしまうのです。そしてそれが色素沈着をして黒ずみとなるのです。このようにシミや日焼けの原因であるメラニンが乳首の黒ずみの原因となっているのです。そのため、黒ずみを解消するならしっかりと保湿しながらメラニンの生成を抑制する美白ケアが有効です。保湿ケアと言うとベタつきを気にする方もいますが、今はベタつきを抑えたものもあります。乳首の黒ずみを綺麗にしたいならきちんとしたケアが必要です。

乳首の黒ずみを皮膚科で解消する

乳首の黒ずみを解消するためには、皮膚科に行くのが一番です。皮膚疾患はデリケートな場所にできることもあるため、最近は女性の医師を希望できる皮膚科が増えています。乳首の黒ずみは病気ではありませんが、色素沈着を起こした状態で一般的な化粧品ではなかなか解消できません。皮膚科は美白成分を配合したクリームを処方してくれます。乳首にも使えることが前提で処方されるため安心して使えます。クリームにはハイドロキノンとトレチノインを混ぜることが多いです。黒ずみの原因は何らかの刺激によってメラニン色素が生成されて、肌に定着することです。ハイドロキノンはチロシナーゼがメラニン色素を生成するのを阻害する作用があります。化粧品に含まれるハイドロキノンは濃度が2%以下と効果が弱いです。トレチノインとはビタミンA誘導体のことで、肌のターンオーバーを促進します。既にできてしまった黒ずみを排出する効果があり、ハイドロキノンと合わせることで黒ずみの予防と改善が実現します。ハイドロキノンは使い方によっては肌を傷つけてしまうので、医師の指示に従ってクリームを塗ります。保険適用外で価格は高いですが、効果の薄い化粧品を使い続けるよりコストパフォーマンスが良いです。

 

乳首の黒ずみを解消するためのクリーム